「匠」バイクカバー Q&A

「匠」バイクカバーに関してよく頂くご質問をまとめてみました。

末永く「匠」バイクカバーをご利用いただければ幸いです。

≪匠バイクカバー「よくあるご質問」≫

 

Q:サイズについて教えてください・・・
A:車種ごとのサイズは「匠」シリーズ適合表でご確認ください
「匠シリーズ適合表」
・匠バイクカバーは、一部の車種専用品を除き汎用サイズです。
・各サイズの適合は、車両メーカーのノーマル車両を対象としております。
同一車両でも、年式やマイナーチェンジにより車体寸法が変更になっている場合はサイズが異なることがあります。また、構造変更や部品交換に伴う車体寸法の変更も既存サイズの適合外となります。
ご注意:車体に合わないサイズのカバーのご使用は…
強風の際にあおりを受けての転倒や、過度の張りによる生地縫製部からの浸水となります。
また、生地に必要以上の「たるみ」がある場合、耐熱生地以外に高温部が接触し、生地の変形や溶けてしまったりすることがあります。

 

Q:「匠」シリーズは耐熱生地らしいですが、走行直後にかけても大丈夫? 
A:「匠」バイクカバーは二重構造です。内側(インナー)生地の一部が耐熱生地となっています。
耐熱箇所 
◇匠アドバンス・・・白色の生地(アドバンスインナー) 
◇匠Ver.2・・・黒のコットン生地(ブロードインナー)   
その他の部分には耐熱効果がありません。
ご注意:
・カバーを掛ける際は、インナー耐熱生地以外が高温部に触れないようご注意ください。
・耐熱効果のあるインナー生地は、車体前面部(フロント)周りには使われておりません。
・カバーの掛け方、裾の絞り具合で耐熱インナー部以外が高温部に接してしまう場合があります。商品ご購入後、エンジンが冷えているときに高温部(エンジン、エキパイ)が耐熱生地の範囲内で有ることをあらかじめご確認ください。
・インナー生地の耐熱効果には限界があります。長時間高熱部への密着を避けてください。
  同じ個所に繰り返し密着した状態が続きますと、カバーの溶解・変形につながります。
また、サーキット走行や長距離走行などの直後は、ある程度放熱されてからお掛けください。
・エンジン始動状態でのカバー装着は絶対におやめください。
・別商品「匠マイクロクイーン」のインナーはマイクロファイバー製のため耐熱効果はありません。

 

Q:撥水・防水効果はどのくらい持続しますか?
A: 生地表面の撥水・防水コーティングは、「車両保管場所の環境」「直射日光を受ける時間と期間」「カバーを外した後の保管方法」等の条件により異なるため明確な期間を定めておりません。
ご注意:・本製品は完全防水ではありません。「縫製加工品」の特性上針穴等により浸水することがあります。

 

Q:洗えますか? お手入れについて教えてください・・・
A:洗えますが、カバー外側の汚れ・裾に付着した「砂・砂利」等を落とす程度にしてください。
・洗浄する場合は洗剤等を使わず、ぬるま湯か水で手洗いにて洗浄してください。
洗浄後は、カバーを裏返して風通しの良い場所で陰干しをしてしっかり水切りをして下さい。
水分が残っていますと、結露の原因となりカビ発生の原因となっていまいます。
・生地表面には撥水・防水コーティングが施してありますが、汚れを無理に落とそうとするとコーティングの剥離や生地の破損となります。また経年劣化により効果がそこなわれることがあります。
ご注意:
・洗濯機のご使用はお止めください。機械の故障・カバー生地の破損の原因となります。
・熱湯を使用しないでください。「生地の変形」や「やけど」の原因となります。

Q:そのほかのバイクカバーとの違いは何ですか?

「生地の種類」や「撥水・防水・防炎」などの機能を比較しやすく一覧にまとめてみました。

商品それぞれの特徴は各ページをご覧ください。